山本五十六の名言と現実との苦悩

山本五十六は本当に正しいのか?

山本五十六という人をご存知ですか?

日本海軍軍人であり、第26、27代連合艦隊司令長官だった人です。

その人については、「日本一臆病な軍人」と呼ぶ人もいれば
「先見の明を持った最高の軍人」と称賛する人もいます。

そのあたりについては、私は当然、会ったこともないので
どういう人なのかというのはノータッチにしておきます。

知りたい人はウィキペディアの山本五十六でも見てください。

私が着目すべきは、この山本五十六という人の名言です。

山本五十六名言
—————————-

やってみせ、言って聞かせて
させてみせ、ほめてやらねば、
人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し
任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って
信頼せねば、人は実らず。

—————————-

これが山本五十六の名言といわれる
文章なのですが・・・・

確かにすばらしい言葉ですね。

山本五十六の名言、現実は・・

私もこの言葉は好きではあります。
ですが、現実社会でこれを実行しようとすると
以下のような感じになることが多々あります。

やってみせ、言って聞かせてるのに
全然成長しない

させてみせ、ほめてやったら
つけあがって自分はできる人間だと勘違いする
(極度に自信過剰になる人を指します)

話し合い、耳を傾け、承認し任せてやったら
言うことだけは一人前だが自分じゃできない

やっている、姿を感謝で見守って信頼したら
簡単に裏切られた。

う~ん・・・

現実は厳しいですね。

それでも私はこの言葉と向き合わなければならない

なぜなら自分が今こうして成長できているのは
周りにいてくれた人たちが私にしてくれたからです。

今現在もそうしていただいてます。

別ページ「恩返しと借りを返す事の違い」でも書いてますが
その恩返しをするには、私がそれを実行しないと
いけないのではないかと苦悩を続ける日々です。

ふ~・・先は長い・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする