ストレス体質の解消方法、やらされてる感をなくそう

究極のストレスは強制?

ここでは仕事に対していつもストレスを感じる
ストレス体質の方の対処方法を書いてみます。

これは他のページでも書いている、人と環境のせいにしないというのが重要になります。

あなたの仕事に対するストレスはなんですか?
お給料が少ない
上司が嫌い
同僚が嫌い
仕事にやる気が起きない

まあいろいろあるでしょう。

ここで重要なのが「やらされてる感」というものです。

その辛い環境で働いているのは誰が決めたことですか?
あなたではありませんか?

ではあなたが環境を変えればいいのです。

勘違いしないでいただきたいのはこれは
だったら会社やバイトを辞めればいい、という話ではありません。

自分で選んだんだから楽しむ、前向きにやるということです。

何をしていても人にやらされていると感じれば
ストレスとなります。

ミスをしたとき、うまくいかないとき
人や環境のせいにすることはすごく簡単です。

その瞬間、責任は人に向かうわけですから
楽になった気がします。

ですが、実は逆なんですね。

人のせいにするということは責任逃れにはなりますが
誰かのせい、会社のせいでそうなった、と考えると
ストレスはすごく大きなものになります。

なおかつ成長も一切しません。

行き詰ったら状況を楽しむ

何かトラブルが起きたらたった一つ考えましょう
「だったらどうする」
これがすごく重要です。

例えば、時間のかかる仕事を与えられた時
やらされてる感の人は
「まだ終わらない、早く終わらないかな」とだけ考えることが多いのです。
当然ストレスになります。

そうでない人は
「時間がかかる、だったらどうしたら早く終わるんだろう?」
と考えます。当然仕事は早くなります。

早くなれば仕事も楽しくなってきます。

この状態で数週間も経過すれば2人の仕事力、そして
ストレスの差はすごいものになるでしょう。

あなたの人生、あなたが攻略法を見つけなければ
誰も攻略なんてしてくれません。

もちろん環境がよくない場合もあります。
それは自己判断で退社するなりすればいいでしょう。

ただ辞める時も、クソ会社だから辞めてやった!ではなく
そこを選んだのは誰なのか?
自分はフルパワーでやったと言えるのか?
そこで学んだものを今後どう生かすか?

次へのステップも自分の責任で自分で選ぶのです。

世間ではブラック企業なる言葉も生まれましたが、誰にどんな仕事に誘われようが、生活のため仕方がなかろうが

決めるのはあなたで、やらされているわけではありません。

(だまされた場合は別の話)

まずは考え方を変えましょう。

それだけでストレスの度合いは変わるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする