ポジティブシンキングになる方法

レッツ!ポジティブシンキング!

さて、成功しないかもしれないことへ向かいチャレンジ精神で
第一歩を踏み出すというのは
自己暗示の方法と効果」のページで説明しましたが

ここでは失敗した時、うまくいかない時の
考え方を変えるだけで、ポジティブシンキングになって
その後の成功率を上げ、さらにポジティブになれる
簡単な方法を解説します。

本当に簡単です!

物事がうまくいかず失敗した時に

「なぜ失敗したか」を考えるのではなく

「どうしたら成功するか」を考える

たったこれだけです。

これ同じようで全く違うんです。

失敗した原因を考えることは素晴らしいことですが
ここに固執する人は「失敗した言い訳探し」に走ることが多いのです。

見方を変えればビジネスチャンス

言い訳探しの話で有名な「2人のビジネスマン」の話があります。

ある2人のセールスマンが靴を売りにアフリカに行きました。

一人のセールスマンはこう言いました。
「これは売れませんよ!だって誰も靴を履いてない!」

もう一人のセールスマンはこう言いました。
「これは売れますよ!だって誰も靴を履いてない!」

どうですか?同じ環境でも言い訳をしてしまう人とそうでない前向きな人

違いは明らかですよね。

お客がこうだったから売れなかった
商品がこうだから契約が取れなかった
会社がこうだから成績が上がらない
上司がこうだから自分が伸びない

「なぜ失敗したか」で終わってしまう人たちは
とにかく自分の非を認めず、何かのせいにする傾向があります。

失敗した以上「改善」が必要です。
このページはポジティブになるために2択で考えるという
考え方をテーマにして書いていますが、もちろん厳密にいえば
なぜ失敗したかを考えてから、それを踏まえて
どうしたら成功するか考えるわけです。
それが「改善」となります。

ただ、自分がネガティブだなと感じたら
「どうしたら成功するか」という方法のみを
ひたすら考えてください。

自然に人や環境のせいにしなくなり
ポジティブシンキングができるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする