ゲシュタルトの祈り




ゲシュタルトの祈り

自分に自信がない

自分が人より劣っていると感じる

人と合わない

こんなことを感じる方はぜひ「ゲシュタルトの祈り」というものを読んでください。

そして毎日1回「ゲシュタルトの祈り」を寝る前に読みましょう。

きっと、スーッと心が楽になるでしょう。

ゲシュタルトの祈り

私は私のことをする
あなたはあなたのことをする

私は、あなたの期待に応えるために生きているわけではない
そしてあなたも、私の期待に応えるために生きているわけではない

私は私、あなたはあなた

もしも偶然、私たちの心が触れ合うならば、それは素敵なことだ
もし触れ合えないとしても、それは仕方のないことだ

ゲシュタルト療法

ユダヤ人の精神科医、フレデリック・パールズ(フリッツ・パールズ)とその妻のローラにより、ゲシュタルト心理学、実存主義思想などを手がかりにはじめられたもので彼は、その後日本にもやってきて、京都の大徳寺で禅の修業もしている。

表現は違うものの、同じ考え方はアドラー心理学にも出てくる。

シェアする

フォローする