見返りと礼儀の差を考える

それは見返りじゃないんじゃないか

見返りを求めず寛大な心で人に接する、と他のページで書きました

その気持ちは変わりません。

ですが、とあるサイトの記事に、エレベーターのボタンに関する
人の意識の記事が載っていました。

エレベーターで自分が先に乗っていて、ドアが閉まる直前に
誰かが走ってきます、ここで「開く」ボタンを押して
その人を待ってあげるわけです。

するとその人はお礼も言わず、当たり前のように
エレベーターに乗り込みました。

さて、あなたが「開く」ボタンを押している側だったら
頭にきますか?

礼儀と見返りは別物

まず結論から言うと、私は頭にきます。

この記事に対し、そんなことで頭に来るのは
「お礼を言ってほしいという見返り」を求めるからだ、という意見がありました。

それって見返りですかね? はっきりと違うと思います。
マナー違反が許せない怒りと、見返りは全く別です。

「お礼を言うのは当たり前だから私はするけど
されなくても頭には来ない、心が狭すぎ」という意見もありました。

そもそもマナーというのは「当たり前」が前提だと思っています。
その当たり前が出来ないからマナー違反なんです。

人に何かしてもらったらお礼を言う
人に迷惑をかけたら謝る

ここに年齢性別、地位、経験、全て関係ありません。

こんなことは小学校や幼稚園で習うことです。

当たり前のことが出来ないやつに対して頭に来るのは当然でしょう。

それをお礼が言われたい見返りと考え、一緒にしてしまう人は
「礼儀」と「見返り」の違いさえ分からないのでしょうか?

まあ、賛否両論あるでしょうけど、私としては
礼儀を求めることと、見返りを求めることは違います。